英会話教室エレクトは、大阪の交野、寝屋川・河内磐船にある英会話教室です。小学生まではペア―ティチング(外国人・日本人講師)で本物の英会話が安心して学べます。
  • 英検5級について 実際の合格点など

    (英語の友より、一部転載)

    レベル

    英検5級は中学初級程度のレベルとされ、
    「初歩的な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる」
    とうたわれています。英語学習のステップの始まりであり、
    基本の「き」を問われる級と言えるでしょう。
    小学生や中学生を中心に、幅広い層に受験されています。
    ELECTでは小学2~3年生でのチャレンジも増えてきました!
    小学4~6年生の受検者が多いです😊


    受験する意義

    小学生にとって、中学初級レベルである英検5級を持っていることは、
    標準をやや先んじたレベルの英語力があることを意味します。
    英検という、段階的に難しくなっていく検定の最初の級を受けることで、
    より上の級を目指す意欲も湧いてくるでしょう。
    また英検5級は近年、小学生の受験者が増えています。
    ELECTでは、合格でも不合格でも、生徒に問題点・課題を伝え、
    よくできたポイントを褒めつつ、次に繋がる指導、
    生徒との気持ちの共有を心がけています。

    試験内容

    英検5級には、一次試験(筆記25問・リスニング25問=全50問)と
    スピーキングテスト(コンピュータ端末を利用した録音形式)があります。

    ELECTでの実際の合格ラインの例
    reading 9点   listening 18点=27点 合格
    reading 10点 listening 17点=27点 合格
    ※reading 9点 listening 17点=26点では不合格でした。
    最高点は2021年度 第2回に満点の生徒さんが出ました😊

    満点の証書が追加で、配布されます。

     

    英検5級レベルの学習が身についていない場合

    小学生、中学入学直後など、まだ習っていないことが多いお子さまの場合は、
    英検5級に最低限必要な知識をまず固めていきましょう。

    1. 文法を学ぶ
    2. 重要単語を覚える
    ELECTでは、過去問6年分以上を研究し、オリジナル冊子を作成しました。
    リスニングが出来ても、読めないことには点数が取れない!
    フォニックス発音の復習、その後、過去問から抽出した単語で読む練習を行い、
    必須単熟語を音読や暗記をします。
    また、簡単な文法の解説を、
    対策講座で分かり易く生徒に説明します😊

    合格に必要な学習時間

    上記の手順で学習をすすめた場合、どれくらいの学習時間が必要か、一例を挙げてみました。

    1. 文法を学ぶ:未習文法を学ぶのに3時間
    2. 重要単語を覚える:「学校で習う単語」を覚えるのに3時間
    +ケースAの学習時間(11時間~15時間)

    未習分野の量によりますが、21時間程度を見込むとよいでしょう。

    ELECTでは、
    リスニングの対策
    What /Who/Whose/When/Where/Which..or/
    How?How many?How much?などの
    発音や、意味を確認。
    大問ごとの解き方、ポイントなどを説明して自信をつけてもらいます😊
    英会話を受講しているので、耳がいい!

    練習すれば、問題なく20点前後取れるようになります。

    readingの対策

    オリジナル冊子を使用し、
    フォニックス発音・重要熟語の音読と同時に意味の確認、
    実際の過去問を並行して解くための、ポイントやコツを説明😊

2021-11-15 | Category: お知らせ, 英検関係